「中学受験は親の役目が9割」という言葉を聞いたことがありますか?まだ幼い小学生がしっかり受験と向き合い後悔のない結果を残すために、親がどのようなサポートをすべきか十分に考えた上で取り組んでいきましょう。

中学受験での親の役割は重要です。中学受験の勉強が始まるのは小学校3年生の終わりごろから。高校や大学の受験とは異なり、まだまだ幼いこの時期には親のサポートが不可欠です。中学受験が成功するかどうかは親の役目が9割を占めるとまで言われています。親の役割として特に必要なのは、1.学習の管理 2.生活習慣の管理 3.モチベーションの維持です。学習の管理とは、お子さんのレベルや性格に合った塾を探したり、学習のサポートをすること。塾ではたくさんの宿題が出されるので、それをしっかりこなしているかどうか見てあげる必要があります。二つ目の生活習慣の管理とは、睡眠の時間をきちんと確保したり、バランスのよい食事がとれるように工夫することです。塾に通いだすと忙しくなるので、体調を整えて効率よく勉強をするためにこのような管理は不可欠です。また三つ目のモチベーションの維持ですが、なぜ受験が必要なのか理解させ励ましてあげることです。特に小学生のうちは、数年間継続して頑張り続けるためには、親のていねいな励ましが必要と言えるでしょう。

中学受験専門の家庭教師なら【麻布個人指導会】