一般的に名刺と言えば、真っ白な紙に名前や役職等が記載されたシンプルなものを想像されるかと思います。

しかしながら、自己紹介の場からインパクトを付け顔と名前を覚えて頂く手段として、名刺の素材そのものに拘った

いわゆる特殊紙を使用して作成される方が増えているのをご存知でしょうか。

名刺に使用される特殊紙には、例えばトレーシングペーパーを使用した半透明のものや、エンボス加工の施された凹凸感のあるもの、キラキラしたホログラム用紙を使用したものなど様々なものがあります。ほかにも想像しやすいものとしては和紙やメタルペーパーなども特殊紙に分類されます。

また”紙”素材だけに拘らなければ、レーザーなどの特殊印刷が可能な場合、更に使用できる特殊紙の素材幅が広がります。

例えば、透明フィルムやガラスを使用すると文字やイラストだけが浮かびあがる透明名刺が、木材やレザー、コルクなどに彫刻すれば商売道具をアピールするのにうってつけの個性的な名刺が出来上がります。もこふわ素材のヴィベールPや茣蓙のような繊維を編み込んだファブリック素材を使用すれば温かみや雰囲気など使用素材のイメージをそのまま名刺に乗せることもできます。

名刺作成なら【名刺21】