注文住宅の流れをご存知ですか?大きく分けて「住宅のイメージ作りや土地・建築会社の選定」と「具体的な契約と建築作業」の二段階がありますので、トラブルなくスムーズに事を運べるようにその大まかな流れを把握しておきましょう。

注文住宅の流れは大きく分けて、「注文住宅を建てると決めてから見積もりが完了するまで」と、「建築会社と契約を済ませて工事が開始されてから実際に入居するまで」との二つに分かれます。

前半部分ではまず最初に「どんな家に住みたいかのイメージ作り」から始まります。譲れない要素、優先したい条件、妥協してもいい部分などを一つ一つ全て出していきながらしっかりとしたイメージを作っていきます。これと同時に「正確で無理のない資金計画」を進めていくことも重要です。そうして建てたい家が具体化してきたら、それにあった「土地探し」を行います。その際は自分達のイメージしているものと近い家が近隣に既に建っているかどうかに注意してみるのも大切です。土地が決まったら、土地契約の前に「建築会社の情報収集」をしておきましょう。これは資料請求だけでなく展示場に足を運んでみたり工事中の現場見学会などにも参加しながら決めるのがおすすめです。依頼したい建築会社が決まったならば「見積請求」で具体的にどれくらい資金が必要になるのか確認します。この時点ではまだ建築会社を一つに絞らず、複数の会社に見積もりを出してもらって比較検討するのも可能です。

そして具体的に注文住宅を建てていく後半部分ですが、まずは「建築会社との契約」です。見積結果などを見ながら一つの会社と正式な契約を結びましょう。それと並行して不動産会社から「土地の購入」も行います。「ローン契約」もこの段階で行われ、契約会社が代行手続きをしてくれるのが一般的ですが、自分でもよく確認しておきましょう。それらが終わったらいよいよ「工事開始」となります。できればトラブルを避けるため、工事前に近隣へのあいさつ回りをしておくのが望ましいです。地縄張りや地鎮祭も特に理由が無ければ行っておきましょう。それから数か月の建築作業に入り、建物の完成後に工事責任者達と「施工検査」を行います。ここで問題が見つかれば修理を依頼し、問題が無ければ鍵を引き渡されて「入居」となります。引っ越しを済ませ、登記手続きやローンの支払いを実行しましょう。

東京都八王子市の工務店、アビリティーホーム