賃貸経営の方法である「家賃保証」と「サブリース」、どのように違うかご存知ですか?効果的に賃貸経営を行い家賃収入を得られるように、それぞれの意味やメリット・デメリットについてしっかり確認しておきましょう。

まずはそれぞれの意味について解説します。

家賃保証とは、賃貸物件の借主(入居者)が家賃保証会社に保証料を支払うことで保証人の代わりになってもらい、家賃の滞納が発生したときに保証会社が立替払いをしてくれる仕組みのことです。それに対してサブリースとは、不動産業者などが物件を家主から一括で借り上げて第三者(入居者)に貸す仕組みのことで「一括借上げ」とも呼ばれます。分かりやすく言うと、「家主が賃貸契約を結ぶのが入居者か不動産業者か」ということです。

家主目線で見たとき、家賃保証では保証会社が入居者の審査をするため優良な入居者が集まりやすいというメリットがありますが、空室のときの家賃は保証されないというデメリットがあります。サブリースの場合、不動産業者が一括で借り上げて管理するため空室や家賃滞納が発生しても一定額の家賃収入が入るというメリットがありますが、一方で入居者を選ぶことができないことや不動産業者自体が倒産する可能性があるなどのデメリットもあります。

フォーシーズ