お悔み電報を送る時には文言についての悩みがあります。親しかった人のお悔みならどうしても自分の中の特別な思いを言葉にしたいと思いますし、逆にそれほど深い関係出なかったときにあまりあっさりした文言では何となく申し訳なくなってしまいそうです。お悔み電報を送るとなったときに中々ちょうどいい文章を思いつかないといった人は沢山います。

お悔み電報の文言に関してはマナーという物があるためオリジナルの文章を考えるという事は難しいかもしれません。好まれない言葉が多く普段と同じ感覚で文言を考えているとお悔みには相応しくない物になってしまう可能性もあります。どうしてもオリジナルの物にこだわりがあるなら、まずはお悔みに相応しくない言葉について理解をしてから一つ一つの文章を考えていくといいでしょう。

オリジナルにこだわりがない場合はあらかじめ用意された例文をそのまま使ってお悔み電報として送るという方法がいいです。自分のオリジナル電報でないと失礼ではないかと考える人もいるかもしれませんが葬儀のような場には決まった定型文の方が好まれることが良くあります。故人との関係にそこまで深いつながりがなかったりするならオリジナル電報にはこだわらない方がいいです。